若ハゲや薄毛の原因の一つと考えられるジヒドロテストステロン

薄毛に悩む人は多いですが、どうしてハゲてしまうのか? 男性型脱毛症 ( AGA ) の詳しいメカニズム は、いまだに解明されていません。

 

薄毛になる仕組みが完全に解き明かされたのであれば、それは本当にスゴイことです。
きっとノーベル賞どころではないインパクトがあるのではないでしょうか?

 

でもハゲる原因がまったく分かっていないのかと言えば、そういうわけでもありません。
これまでの研究によって一部、解明されていることもあるんです。 それがジヒドロテストステロン、

 

「 DHT 」 を抑制するというアプローチです。

 

 

テストステロン ( TH ) は男らしさを象徴する男性ホルモン

どういうことか簡単にご説明しますと、
AGA ( 男性型脱毛症 ) ですから、もちろん男性に発症する症状ですが、
男性には、「 男らしさ 」 の象徴ともいえる男性ホルモンであるテストステロン、
通称 「 TH 」 と呼ばれるものがあります。

 

テストステロンは男らしさを強める、いわば 「 良いホルモン 」 です。
別名モテフェロモンなどとも呼ばれ、女性を本能的に惹きつけるなんていわれてますし、
生殖器の増大や性欲の増加、また、たくましい骨格や筋肉の成長にも欠かせないとされています。

 

 

一方、ジヒドロテストステロン ( DHT ) も同じ男性ホルモンには違いないのですが、こちらは有り難くない作用をもたらす 「 悪いホルモン 」 として知られています。

 

頭頂部が薄くなったり、生え際がM字型に後退してきたりという症状を引き起こす要因のひとつとされます。
ほかにも、良い男性ホルモンであるテストステロンとは逆に、精力が減退したり、髪の毛は薄くなるのに胸毛は毛深くなったり、前立腺肥大の作用があるともされます。

 

なかには 「 DHTは完全な悪者ではない 」 という意見もあるのですが、
(※高齢者の筋減退症や骨減少症の治療薬として注目されています。) ともかく、
若ハゲや薄毛にとって 「 DHTが厄介なホルモン 」 であることには間違いありません。

薄毛対策の「カギ」は、DHTの抑制

ここで、DHT ( ジヒドロテストロン ) がどうやって生成されるのか? というメカニズムに移りますが、

 

男性ホルモンのTH ( テストステロン ) が体内で不足すると、それを補うために、より強力な男性ホルモンである DHT ( ジヒドロテストロン ) が作られる、現状ではこのように考えられています。

 

そしてそのDHT生成の引き金となるのが
「 5αリダクターゼ 」 という還元酵素なんです。

 

5αリダクターゼ ( 5α還元酵素 ) がテストステロン (TH) と結びつくことで、
ジヒドロテストステロン ( DHT ) に変換される。

 

DHTは毛根の中にある毛乳頭の受容体に結びついて脱毛因子 ( TGF-β ) を増やす、
すると正常なヘアサイクルが乱れ、十分に毛髪が成長する前に抜け落ちる。
つまりハゲる、というわけです。

 

 

 

専門用語がたくさん出てきて、きっと混乱している方もいるでしょう。
もっと突っ込むと、じつは還元酵素である5αリダクターゼにはT型とU型があるのですが、
ともかく 「 5αリダクターゼが作用してDHTが生まれる 」 という流れがあります。

 

するとどういうことが考えられるかというと、
5αリダクターゼさえブロックできれば、DHTの生成も抑制できる。

 

 

つまり、異常な抜け毛を止められる。
薄毛の改善につながるわけです。

 

そして実際にAGA治療で行われているのも 「 DHT (ジヒドロテストステロン) の生成を抑制する 」
というアプローチに他なりません。

天秤にかける、プロペシア服用の効果とそのリスク(副作用)

ご存知の方も多いでしょうが、
AGAの治療では プロペシアフィンペシア といったフィナステリド錠を服用することになります。

 

ちなみに フィナステリド というのが成分名で、その商品名がプロペシア、そしてプロペシアのジェネリック医薬品的な位置づけにあるのがフィンペシアです。

 

 

このプロペシア ( フィナステリド ) を服用することで、男性ホルモンのテストステロン と 還元酵素の5αリダクターゼ の結合を防止することができます。

 

それによりDHTを抑制できるため、薄毛対策になるわけですね。

 

 

でも、プロペシアは医薬品です。
ですからまずはAGAクリニックに通って専門医に処方してもらう必要があります。
また薬である以上 「 副作用のリスク 」 も無視できません。

 

2012年にアメリカのFDA ( 食品医薬品局 ) が、プロペシア服用による
ED症状勃起障害射精不全 などの副作用を公式発表していますから、
こういったリスクと天秤にかけながらの服用ということになります。
( 関連 : プロペシアの副作用に関するCBSのニュース記事

 

 

また実際にプロペシアを服用していた人たちからは、

 

薬を飲んだことで抜け毛が止まり、全盛期の8割程度まで髪の毛が復活したが、
服用をやめた途端にリバウンドのように毛髪量が減った。

 

 

という報告もあります。つまり、
ある程度の育毛効果は認められるが、回復した髪の毛を維持するには、
プロペシアの服用を継続する、

 

「 薬を飲み続ける 」 必要がありそうだということです。

5αリダクターゼを阻害してDHTを抑制する育毛剤

効果があると分かっていても、やはり副作用 ( リスク ) は怖いです。

 

「 髪は生えるかも知れないが勃起不全になるかも知れない。 」

 

 

これは究極の選択です。
できるならば 「 もっと安全な方法 」 でAGA対策したいですよね。
そこで当サイトでは、育毛剤を使った薄毛対策を提案したいと思います。

 

「 育毛剤ならこれまで何度も試してきたよ・・・ 」

 

 

そう思われたでしょうか。
たしかに 「 育毛剤 」 と名のつく商品がたくさんあることは知っています。
そしてもちろん、育毛剤なら何でもいいと言っているのでもありません。

 

 

育毛剤なら副作用の心配なし

じつは数ある育毛剤の中で、
「 5αリダクターゼに作用してDHTの生成を抑制する 」
もしくは 「 生成されたDHTを除去する 」

 

ここにフォーカスが当てられた商品があるんです。

 

薄毛改善のカギとなる 「 DHT対策 」 ができる育毛剤です。 また医薬部外品ですから、副作用を心配する必要がありません。

 

 

より安全な方法で抜け毛 ・ 薄毛の対策をしたい人、
副作用を気にすることなくDHT対策をしたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)を減らす育毛剤ランキング

[ DHTを抑制 ]

1位 : 育毛剤 BUBKA


URL : http://bubka.jp/


  • オウゴンエキスがDHTの生成を77%ブロック
  • 主成分の海藻エキスにミノキシジル級の育毛効果
  • サプリメントで体の内側からも育毛対策
効果 価格 内容量 1mlあたりの値段 販売会社 返金保証
DHT抑制 16,200円 120ml 135円 (株)T.Sコーポレーション あり

(※1mlあたりの値段はサプリメントの料金を抜いて算出しています。)

 


[ DHTを除去 ]

2位 : 育毛ミスト M-1


URL :http://www.kami-fusafusa.jp/


  • 分子ピーリングで老廃物やDHTを除去
  • カイワレ大根も育つ、100%無添加の安全な育毛剤
  • お手持ちの育毛剤といっしょに使える
効果 価格 内容量 1mlあたりの値段 販売会社 返金保証
DHT除去 9,800円 200ml 49円 (株)サラヴィオ化粧品 あり

 


[ DHTを抑制 ]

3位 : 薬用プランテル


URL :http://www.plantel.biz/


  • ヒオウギエキスがDHT(ジヒドロテストロン)を抑制
  • 3大育毛成分で発毛を促進させる
  • M字ハゲ型の満足度が高い(独自のテストにより)
効果 価格 内容量 1mlあたりの値段 販売会社 返金保証
DHT抑制 7,800円 150ml 52円 (株)ユーピーエス あり

 


(※当サイト調べ)

誰にでもできる簡単なDHT対策とは?

『 5αリダクターゼ酵素の阻害とジヒドロテストステロン抑制 - DHT対策.com 』 をご覧いただきありがとうございます。

当サイトでは、薄毛を招く原因として活性型男性ホルモンのDHT ( ジヒドロテストステロン ) に着目し、DHTを除去、もしくは抑制できる育毛剤をご紹介しました。

 

効果的にDHTを減らすことができ、さらに医薬品のような副作用の心配もなく、安心して使うことができる商品ということで育毛剤をご紹介したわけですが、じつは誰にでもできる簡単なDHT対策がありますので、最後にそのお話をしたいと思います。

 

誰にでも簡単にできて、しかもコストがかからないDHT対策、それは 「 有酸素運動 」 です。
ジョギングでもエアロビクスでも何でも構いませんが、毎日十分な有酸素運動をすると、DHTレベルが下がることが分かっていますので、ぜひ習慣にすることをオススメします。